メリットとデメリット

男性

賃貸物件を借りる際に保証人が必要になります。一昔前は身内に保証人になってもらうのが一般的でしたが、近年では両親が高齢であったり、遠方に住んでいるなど様々な理由で保証人になってくれる人を見つけるのが困難になっていることがあります。賃貸保証会社の利用は身内から保証人を立てなくても賃貸借契約が出来ることが出来るメリットがあります。デメリットは保証料が初回に発生する点です。家賃保証とは入居者の連帯保証人を代行してくれるサービスです。入居者が家賃を滞納してしまった際に一時的に家賃を立替払いをしてくれます。滞納リスクを減らせる為、物件のオーナー側にも多くのメリットがあります。また滞納が発生した際の督促や家賃回収も代行してくれます。さらに退去時の残留物の処分等も保証内となります。特に督促業務はオーナーにとっては負担になりますので、その部分が回避できるのは大変大きなメリットです。

利用する会社の選び方

間取り図

賃貸保証会社の選び方は重要になります。保証会社によって審査基準や審査にかかる時間が異なります。審査基準は賃貸保証会社によって違いますが、中には厳しめの所があったり緩い所があったりします。その点は不動産会社の営業であれば心得ていますので、不安な場合は事前に相談しておくと安心です。審査基準のチェックポイントとしては、収入に対しての家賃の金額が一番になります。支払い比率の部分でクリアになっているかどうかは重要です。また勤続年数や正社員かアルバイトかという点もチェックポイントになります。会社によっては職種も審査に影響する場合もあります。保証会社によっては、個人信用情報機関を利用して個人情報を照会する場合があります。その多くは信販系の会社です。何らかの返済を遅延した経験のある人は審査はまず通りません。家賃保証会社で家賃滞納リスト等の共有はしていませんが、家賃滞納等に関しても過去に経験のある人は審査が難しい場合もあります。

審査に不安がある場合

男女

賃貸保証会社の利用では、正社員であることは審査に通りやすいことが言えますが、必ずしも正社員でないと利用出来ないという訳でもありません。保証会社が信販系以外であればアルバイトや契約社員、派遣社員でも条件をクリアすれば審査に通ります。同棲やルームシェアの場合、審査に不利な点があります。その理由としては、喧嘩が生じてどちらかが退去してしまうと家賃を二人で折半していた場合、払えなくなってしまうリスクがあるからです。さらに契約者が出ていってしまい、契約者でない方が残った場合などとても複雑な問題が生じてしまいます。その為、審査の際には結婚、婚約者以外は契約者一人での審査となります。飲食店勤務の場合も審査が不利になるケースがあります。基本的には保証会社の利用は可能ですが、一部の保証会社では否決になる傾向にありますので確認しておくと安心です。

広告募集中